コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乱反射 らんはんしゃirregular reflection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乱反射
らんはんしゃ
irregular reflection

物体の表面がなめらかな面でないとき,その凹凸のために入射した光が,いろいろな方向反射散乱される現象。平面のように見える面でも光の波長と同程度の尺度でみると乱雑な凹凸があるために,一方向から光を照射しても乱反射が起って,面上の各点が二次的光源になるので,どの角度からでもその面を見ることができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

らん‐はんしゃ【乱反射】

表面が滑らかでない物体に光線が当たって、いろいろな方向へ反射すること。拡散反射。→正反射

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

乱反射【らんはんしゃ】

物体の表面に光の波長程度の小さな凹凸がたくさんあるとき,光がこれに当たってさまざまな方向に反射されること。いろいろな方向から目で物体を確認できるのは乱反射による。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らんはんしゃ【乱反射 diffused reflection】

波が異なる媒質の境界面で反射するとき,境界面の凹凸が波長と同程度,あるいはそれより大きくなると反射波はいろいろな方向に広がる。これを乱反射あるいは拡散反射という。これに対して一定方向に反射波が生ずる場合を鏡面反射または正反射という。光が入射してから射出するまで何回も反射や屈折を繰り返すような塗料面の反射も乱反射の一種で,そのためいろいろな方向から目で物体を認識できる。反射光強度の分布が入射光の方向に依存せず,反射面を見込む立体角に比例するような場合,その反射面を完全拡散反射面と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

らんはんしゃ【乱反射】

( 名 ) スル
波あるいは粒子が、小さい凹凸のある境界面に当たって跳ね返され、種々の方向に進む現象。物体を見ることができるのは、物体が光を乱反射するからである。拡散反射。 ↔ 正反射

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乱反射
らんはんしゃ

入射した光が不規則な方向に反射すること。鏡面(平面)のように、表面上の任意の1点で光学的な反射の法則を用いて反射光の方向を定めれば、他の点での反射光は改めて計算しなくても自動的に決まるような場合を正反射という。これに対し、磨(すり)ガラスのように表面に複雑な凹凸がある場合や、乳白色ガラスのようにある程度、中まで光が拡散浸入してそこで反射されて表面に戻ってくる場合は、表面の向きには関係なく各点からそれぞれ不規則な反射光が生ずる。これを乱反射という。乱反射の実体は、局所的にみればそれぞれの点で幾何光学的な正反射が生じている場合と、波動光学的な回折、散乱現象までも考慮しなければいけない場合とがあり、個々の事例ごとに異なっているから注意を要する。[石黒浩三・久我隆弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の乱反射の言及

【反射】より

…波の波長に比べて境界面が滑らかであれば,反射の法則に従う方向に反射波が生じ,境界面の凹凸が波長と同じ程度であれば反射波はいろいろな方向に広がる。後者を乱反射といい,これに対して反射の法則に従う場合を鏡面反射という。 反射の法則には次の3項がある。…

※「乱反射」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乱反射の関連キーワードロッキードFゴーストリダクションチューナー目の老化と老化がまねく目の病気マーセリゼーション白内障(白そこひ)ラジオシティー法摩耗症(磨耗症)イラジエーションクラックビー玉整反射・正反射ベンタブラックホワイトアウトレイリー散乱シリカコート反射(物理)写真フィルム散乱波通信きらびき紙火災感知器光の科学史

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乱反射の関連情報