正朔を奉ずる(読み)セイサクヲホウズル

デジタル大辞泉「正朔を奉ずる」の解説

正朔せいさくほう・ずる

天子統治に服する。臣下となる。
「誰か夷狄いてき鼻息を仰ぎかれが―・ずるに忍びんや」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android