正札政策(読み)しょうふだせいさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正札政策
しょうふだせいさく

商品に正確な販売価格を表示した値札 (正札) をつけ,その正札どおりの価格で商品の販売を行おうとする販売政策。天保3 (1832) 年三越の前身である越後屋三井呉服店が,「現金掛値なし」を提唱したことに始る。これにより顧客も店員も商品販売時点における価格交渉のわずらわしさから解放され,大型店舗の誕生を可能とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android