つけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌舞伎独特の音響効果。歌舞伎の演技をきわだたせるため,舞台の上手 (って右) わきで,拍子木のような2本の木 (→ ) で厚板を打って音を出すこと。闘争場面 (立回り) での刃物の打合う音,投げられたり斬られたりして倒れるとき,駆け足や歩行落下のときなどに打ち,独特な用法では,演技者の心理的な高まりをみせる見得 (みえ) などに合せて打つ。つけを打つ人を「つけ打ち」,上方では「かげ打ち」,つけに用いる厚板を「つけ板」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

つけの関連情報