正札(読み)しょうふだ

精選版 日本国語大辞典「正札」の解説

しょう‐ふだ シャウ‥【正札】

〘名〙
掛値なしの正しい値段を書いて商品につけた札。
※雑俳・柳籠裏(1783‐86)五月二八日「正札は二分諸入用しれず」
② (形動) 比喩的に、掛値のないこと。つつみかくしのないこと。また、そのさま。
※江戸から東京へ(1922)〈矢田挿雲〉八「花井お梅は明治での大毒婦と正札(シャウフダ)が附いて居るけれども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「正札」の解説

しょう‐ふだ〔シヤウ‐〕【正札】

掛け値なしの値段を書いて商品につけた札。「正札販売」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「正札」の解説

しょうふだ【正札】

掛値なしの正当な価格を表示する札。1673年(延宝1),現在の三越百貨店の前身である越後屋は,江戸で〈現銀掛値なし〉の新しい商法を打ち出して成功をおさめた。越後屋では商品に符丁を記した紙片を付していたが,正札による売価表示も同店がはじめたものかどうかは定かではない。この言葉は明和(1764‐72)ごろから見られるが,やがて〈正札附〉という言葉が流行したらしく,唐来参和(とうらいさんな)作の黄表紙《正札附息質(むすこかたぎ)》(1787)や,歌舞伎舞踊の《正札附根元草摺引(こんげんくさずりびき)》(1814初演)が書かれ,後者は《正札附》と通称されて人気を集めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android