コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正熔的岩 せいようてきがん orthotectite

1件 の用語解説(正熔的岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

正熔的岩

マグマの結晶作用の主な時期で,揮発性成分がわずかに濃くなった時に作られる生成物をいう[Fersman : 1931].正熔的(orthotectic)とは揮発性成分をほとんど含まないマグマから分化して生じた岩石に用いる語である[渡辺編 : 1935].メソテクタイト(mesotectite)と同じである.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正熔的岩の関連キーワード建設相ハイポマグマ揮発性成分残留マグマ正マグマ半正マグマメソ結晶作用後マグマ性活動第二マグマ期ユーテクタイト

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone