正珪岩(読み)せいけいがん(英語表記)orthoquartzite

岩石学辞典の解説

正珪岩

この語は堆積岩変成岩に用いられる.近年は実用的には石英砂が珪酸で膠結された砕屑性堆積岩に限って使用されている.ある種の正珪岩は炭酸塩の膠質物を含み,珪酸質でない物質の比率が増加すると正珪岩の結合性が悪くなる[Weinschenk : 1905].正珪岩は,浸透作用や圧力により組み合わさった粒からできた珪岩に変化した砂岩の記載に用いられた[Tieje : 1921].正珪岩の意味は不明瞭で,近年ではこの範疇に入る堆積岩は石英砂岩と呼ばれる[Pettijohn, et al. : 1975].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android