コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正珪岩 せいけいがんorthoquartzite

岩石学辞典の解説

正珪岩

この語は堆積岩変成岩に用いられる.近年は実用的には石英砂が珪酸で膠結された砕屑性堆積岩に限って使用されている.ある種の正珪岩は炭酸塩の膠質物を含み,珪酸質でない物質の比率が増加すると正珪岩の結合性が悪くなる[Weinschenk : 1905].正珪岩は,浸透作用や圧力により組み合わさった粒からできた珪岩に変化した砂岩の記載に用いられた[Tieje : 1921].正珪岩の意味は不明瞭で,近年ではこの範疇に入る堆積岩は石英砂岩と呼ばれる[Pettijohn, et al. : 1975].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

正珪岩の関連キーワードオルソコーツァイト石英質砂岩石英砂質岩珪岩質砂岩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android