此世の限り(読み)このよのかぎり

精選版 日本国語大辞典 「此世の限り」の意味・読み・例文・類語

このよ【此世】 の 限(かぎ)

  1. 一生の終わり。現世での見納め。この世の見納め。
    1. [初出の実例]「彌生のつごもり、何がしの園のまとゐにふかみ草の花みしを、此世のかぎりとして、さつきの末にみまかりぬ」(出典:狂歌・万紫千紅(1818))

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android