つごもり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

つごもり
つごもり / 晦・晦日

つきごもり(月隠)の転化した語で、月の光がまったく見えなくなるころをいうが、このころは陰暦では月の終わり、月末にあたるので、一般には月の下旬や最終日をいい、年の最終日をとくに大晦日(おおつごもり)という。この日をみそか(三十日、晦日)、尽日(じんじつ)というのも月の最終日にあたっているからである。日常生活の一つの節目であるため種々行事があり、「晦掃(つごもりばき)」といって毎月この日には家中をきれいに掃除したり、「晦蕎麦(みそかそば)」といって延命を願ってそばを食べた。今日に伝わる「年越そば」の風習は、その集大成であるといってよい。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

つごもりの関連情報