武藤昌知(読み)むとう しょうち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武藤昌知 むとう-しょうち

1886-1967 大正-昭和時代の医師。
明治19年生まれ。愛知県立医専(現名大)を卒業。母校の病理学教室助教授,名古屋鉄道病院内科医長をへて札幌鉄道病院長。大正7年肝吸虫の第1中間宿主がマメタニシであることをあきらかにした。昭和40年保健文化賞。昭和42年死去。81歳。山梨県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android