武藤昌知(読み)むとう しょうち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武藤昌知 むとう-しょうち

1886-1967 大正-昭和時代の医師。
明治19年生まれ。愛知県立医専(現名大)を卒業母校の病理学教室助教授,名古屋鉄道病院内科医長をへて札幌鉄道病院長。大正7年肝吸虫の第1中間宿主がマメタニシであることをあきらかにした。昭和40年保健文化賞。昭和42年死去。81歳。山梨県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android