歳徳・年徳(読み)としとく

精選版 日本国語大辞典「歳徳・年徳」の解説

とし‐とく【歳徳・年徳】

〘名〙
日葡辞書(1603‐04)「Toxitocu(トシトク)〈訳〉異教徒らが年の始めに参拝するカミ」
※俳諧・毛吹草(1638)五「年徳の御社ならぬ宿もなし〈重供〉」
② 「としとく(歳徳)の方」の略。〔文明本節用集(室町中)〕
※俳諧・桜川(1674)春一「年とくにいるのもの也弓はじめ〈木因〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android