歳徳神(読み)トシトクジン

デジタル大辞泉「歳徳神」の解説

としとく‐じん【歳徳神】

陰陽道おんようどうでその年の福徳をつかさどるとされる神。この神のいる方角を、明きのかた恵方えほうといい、万事に吉という。年によって方角が違う。年神としがみ 新年》「あばらやも―の御宿かな/一茶」→恵方

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「歳徳神」の解説

歳徳神
としとくじん

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
明治18.11(大阪・中座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android