死に一倍(読み)シニイチバイ

デジタル大辞泉の解説

しに‐いちばい【死に一倍】

親が死んで遺産が入ったら、元金を倍にして返すと約束して借金すること。また、その借金。
「はや―三百目の借り手形」〈浮・一代男・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しにいちばい【死に一倍】

親が死んで遺産が入ったとき倍にして返すことを約束して金を借りること。また、その借金や証文。 「 -の借り金千両/浮世草子・二十不孝 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android