コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死に体 シニタイ

デジタル大辞泉の解説

しに‐たい【死に体】

相撲で、両者がほとんど同体に倒れたとき、つま先が上を向いて足の裏が返り、立ち直れないと判断された状態。⇔生き体
(比喩的に)個人や組織が支持基盤を失って倒れそうである状態をいう。レイムダック。「支持率低下と閣僚の辞任とで死に体の政権」「業績不振で死に体の会社」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

死に体

土俵際で倒れる際の体勢で、自力で回復可能と判断される状態を生き体といい、不可能と判断された状態を死に体という。同時に落ちたと見られれば同体で、取り直しになる。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

しにたい【死に体】

相撲で、力士がもつれて同時に倒れるときに、つま先が上を向いて足の裏が返り、立て直すことが不可能と判断される状態。 ⇔ 生き体
存立基盤が失われて組織・人などが倒れかかっている状態を俗にいう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

死に体の関連キーワード盧武鉉大統領の改憲提案民主党の混乱と再生レームダック議会レイムダックかばい手土俵際つき手

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

死に体の関連情報