コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死の行進 シノコウシン

デジタル大辞泉の解説

し‐の‐こうしん〔‐カウシン〕【死の行進】

戦争時、捕虜などを長距離の徒歩を強いて移送すること。第二次大戦中、日本軍がバターンで米軍捕虜に、サンダカンで豪・英軍捕虜に対して行ったとされる。デスマーチ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

死の行進の関連キーワードホセ・グティエレス ソラーナ太平洋戦争とフィリピンサンダカン記念公園戦時下の加害行為レスター テニーバターン半島コルチャックフィリピン戦バターン会戦バターン州本間 雅晴マルコス勇者の日本間雅晴ソラーナ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

死の行進の関連情報