死胎分娩・死体分娩(読み)したいぶんべん

精選版 日本国語大辞典「死胎分娩・死体分娩」の解説

したい‐ぶんべん【死胎分娩・死体分娩】

妊婦死後、子宮筋肉が収縮し子宮膣内の腐敗ガスが発生したために、死後数時間から数日を経て死んだ胎児が出てくること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android