コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死骸塩詰め シガイシオヅメ

デジタル大辞泉の解説

しがい‐しおづめ〔‐しほづめ〕【死骸塩詰め】

江戸時代、主殺し・親殺し関所破りなどの重罪人で、判決以前に死亡した者の死骸を塩詰めにしたこと。判決後、磔(はりつけ)にした。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しがいしおづめ【死骸塩詰め】

江戸時代の刑罰の一。親殺し・主殺しなどの重罪人で、判決以前に死亡した者の死骸を塩漬けにしたこと。判決後に磔はりつけなどにした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

死骸塩詰めの関連キーワード江戸時代塩漬け刑罰