コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

母なる祖国像 ハハナルソコクゾウ

デジタル大辞泉の解説

ははなるそこく‐ぞう〔‐ザウ〕【母なる祖国像】

Rodina-mat'Родина-мать》ロシア連邦南西部の都市ボルゴグラードママエフの丘にある、右手に剣を高々と掲げた巨大な女性像。第二次大戦中のスターリングラード攻防戦を記念して建造。台座から剣の先端までの高さは85メートル(女性像は52メートル)。1967年の建造当初は世界一の高さを誇った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

母なる祖国像の関連キーワードスターリングラード攻防戦

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android