コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界一

1件 の用語解説(世界一の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

世界一

青森県で生産されるリンゴ。中生種。果実は350~800g、大きなものでは1kgを超える。香りがよく多汁で、食味良好。青森県りんご試験場(現在の県産業技術センターりんご研究所)が「デリシャス」と「ゴールデンデリシャス」を交配し育成した品種。1974年に発表。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界一の関連キーワードふじ北光つがるあおり27秋田紅あかり秋姫御所川原彩香弘前ふじメイポール

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世界一の関連情報