世界一

デジタル大辞泉プラスの解説

世界一

青森県で生産されるリンゴ。中生種。果実は350~800g、大きなものでは1kgを超える。香りがよく多汁で、食味良好。青森県りんご試験場(現在の県産業技術センターりんご研究所)が「デリシャス」と「ゴールデンデリシャス」を交配し育成した品種。1974年に発表。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せかい‐いち【世界一】

〘名〙 世界中で一番であること。世界に比類するものがないこと。
不言不語(1895)〈尾崎紅葉〉六「日本一の増が庖丁に、世界一の環が御酌、成る口ならば此一瓶をも尽すべきに、万国一の生下戸なればと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界一の関連情報