コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毒ガス弾

1件 の用語解説(毒ガス弾の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

毒ガス弾

やけどや呼吸器に障害を与えるびらん剤(マスタード、ルイサイト)、くしゃみ吐き気を起こすくしゃみ剤、催涙剤、窒息剤などが知られる。旧日本軍が生産した毒ガス弾は中国や、本土決戦に備えて全国に配備されたが正確な場所は不明。環境省の03年全国調査では、習志野市▽茨城県神栖町(現神栖市)▽神奈川県寒川町▽同平塚市の4カ所は存在が確実視される。中国には70万発が残されているという。

(2007-10-21 朝日新聞 朝刊 千葉 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毒ガス弾の関連キーワード呼吸器傷害罪呼吸器系衛生害虫呼吸器病身体障害者低温火傷レスピレーター一次性害虫生体異物

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

毒ガス弾の関連情報