毒賽・毒采(読み)どくざい

精選版 日本国語大辞典「毒賽・毒采」の解説

どく‐ざい【毒賽・毒采】

〘名〙 仕掛けのあるいんちきな賽。いかさまのさいころ
※歌舞伎・敵討噂古市(正直清兵衛)(1857)序幕「二両の金を取られてしまひ、その意趣返しに盆の上で、毒賽(ドクザイ)を打込んで直に金を取って来るから、ちっとの内貸してくれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android