序幕(読み)じょまく

精選版 日本国語大辞典「序幕」の解説

じょ‐まく【序幕】

〘名〙
芝居で、最初(じょびらき)。⇔切幕(きりまく)
※歌舞伎・四天王楓江戸粧(1804)三立「いづれも序幕の姿にて、めいめい忍び頭巾をかむり、龕燈(がんどう)を持ち」
② 物事のはじまり。口あけ。発端
※春迺屋漫筆(1891)〈坪内逍遙〉政界叢話「英国に於ける選挙費用を今と昔と対照したるものあり。可笑ければ爰に訳して政界叢話の序幕(ジョマク)せり

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「序幕」の解説

じょ‐まく【序幕】

芝居の最初の幕。
物事の始まったばかりのところ。「大会の序幕を飾る大熱戦」
[類語]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android