比翼塚(読み)ヒヨクヅカ

大辞林 第三版の解説

ひよくづか【比翼塚】

相愛の男女や心中した男女を葬った墓。めおと塚。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひよく‐づか【比翼塚】

〘名〙 情死あるいはあと追い心中した男女を一所に合葬して建てた塚。また、その所。江戸目黒付近にあった白井権八小紫の塚の類。めおとづか。
※浄瑠璃・驪山比翼塚(1779)下「入矢の里の片辺り。由縁を残す比翼塚(ヒヨクヅカ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の比翼塚の言及

【比翼の鳥】より

…封禅が行われるときには東海から比目の魚が,西海から比翼の鳥がやってくるといわれる一方,《山海経(せんがいきよう)》では崇吾山の蛮蛮とよばれる比翼の鳥が大水をもたらすといい,吉鳥でもあれば凶鳥でもある。白居易(楽天)の《長恨歌》が〈天に在っては願わくは比翼の鳥とならん〉とうたうように,男女の深いちぎりのたとえにも用いられ,〈比翼塚〉はこれにもとづく。【吉川 忠夫】。…

※「比翼塚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android