由縁(読み)ゆえん

精選版 日本国語大辞典「由縁」の解説

ゆ‐えん【由縁】

〘名〙
① なんらかのかかわりあい。関係。ゆかり
※金沢文庫所蔵彌勒像胎内文書‐弘安元年(1278)一一月一日・蓮心願文「うゑん・ゆゑんの人をすくい、生々のふもちうをんの人をすくい候わん」
② (「ゆえん(所以)」と同音であるところから転じたか) 来。わけ。由緒。
※狂歌・狂歌糸の錦(1734)「すみのぼる月の最中の旅立は歌にたへたる由縁成らん」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「玉を瘞(うづ)めに越来山、古跡を遺す夫婦墳の、由縁(ユエン)は後の巻に見えたり」 〔魏書‐鹿伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「由縁」の解説

【由縁】ゆえん

ゆかり。機縁独孤及東都より濠州に還る~〕 二(大華・小華の二山)の想の如し 他時再會するは、何の由

字通「由」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android