小紫(読み)こむらさき

精選版 日本国語大辞典「小紫」の解説

こ‐むらさき【小紫】

[1] 〘名〙
① クマツヅラ科の落葉低木。本州以西の日本各地および台湾、中国大陸、朝鮮半島に分布し、山野の湿地に生える。高さ一~一・五メートル。全体に細毛をまばらに生じ、枝は紫色を帯びる。葉は短柄をもち対生、長さ三~六センチメートルの倒卵状長楕円形で、上半部は縁にあらい鋸歯(きょし)がある。初夏、葉の付着点よりやや上から短い花柄を出し、小さな淡紫色の花を密集してつける。果実は径約三ミリメートルの球形で紫色に熟す。こしきぶ。こむらさきしきぶ。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
② (小紫蝶) タテハチョウ科の中型のチョウ。はねの開張約七センチメートル。はねの表面は黒褐色で、外縁に黄褐色の斑紋があり、雄の前ばねは光線の具合で紫色に輝く。ヤナギ類やコナラなどの樹液に集まり、雄は水や動物の排出物によく集まる。幼虫はヤナギの葉を食べ、樹幹に糸を張って越冬。離島を除く日本各地に分布。国外ではユーラシア大陸北部に広く分布する。〔日本昆虫学(1898)〕
[2] 明暦(一六五五‐五八)ごろの江戸吉原三浦屋の遊女。強盗を働いて刑死した情夫白井権八のあとを追って自殺した。浄瑠璃歌舞伎などに脚色された。浄瑠璃「驪山比翼塚(めぐろひよくづか)」「其小唄夢廓(そのこうたゆめもよしわら)」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「小紫」の解説

小紫 こむらさき

?-? 江戸時代前期の遊女。
江戸吉原(よしわら)三浦屋の抱え。延宝7年(1679)愛人平井権八(ごんぱち)が辻斬りなどの罪で死罪となったあとをおい,墓前で自害した。この話は幡随院(ばんずいいん)長兵衛と関連づけられ,「驪山(めぐろ)比翼塚」などの浄瑠璃(じょうるり),歌舞伎の素材となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「小紫」の解説

こむらさき【小紫】

江戸初期の江戸吉原三浦屋の遊女。刑死した愛人、平井(白井)権八のあとを追って自殺。浄瑠璃や歌舞伎などに脚色。生没年未詳。→白井権八

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「小紫」の解説

小紫 (コムラサキ)

植物。クマツズラ科の落葉低木。コムラサキシキブの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の小紫の言及

【権八小紫物】より

…歌舞伎狂言の一系統。鳥取藩士平井権八は本庄助太夫を殺して江戸へ逃げ,強盗殺人を犯して自首し,1679年(延宝7)11月3日処刑され,愛人である吉原三浦屋の遊女小紫がその墓前で自害した。以上,目黒に残る比翼塚の由来による。…

※「小紫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android