毛利 登(読み)モウリ ノボル

20世紀日本人名事典の解説

毛利 登
モウリ ノボル

昭和期の美術史家 元・東京芸術大学美術学部教授。



生年
明治35(1902)年12月

没年
昭和62(1987)年1月20日

出身地
東京都

学歴〔年〕
東京美術学校図案科〔昭和2年〕卒

経歴
昭和2年宮内省で即位大礼用の神宝類の図案を担当した。戦後は東京国立文化財研究所修理技術研究室長、東京芸大教授を歴任。日本文様史を専門とし、著書に「装飾デザイン事典―すぐに使えるヨーロッパ伝統文様」(「装飾のハンドブック改題)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android