図案(読み)ずあん

精選版 日本国語大辞典 「図案」の意味・読み・例文・類語

ず‐あん ヅ‥【図案】

〘名〙 形・色などを美的に配合し、装飾その他に利用するため図に表わすこと。また、その図の柄や模様。美術工芸品および一般工作物の製作のために、意匠考案を表現した図。
最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉四「決して彼の古昔の名匠大家等が経営せし図案(ヅアン)に異なるなければなり」
※桑の実(1913)〈鈴木三重吉〉一七「こなひだから色んな柄を図案して慰み半分に縫ってお出でになるのであった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「図案」の意味・読み・例文・類語

ず‐あん〔ヅ‐〕【図案】

美術品・工芸品や一般工作物の製作に際し、あらかじめ意匠や考案を図に表したもの。また、装飾に用いる絵や模様。デザイン
[類語]模様文様図柄絵柄パターン地紋プリントもんあや文目あやめ紋柄もんがら図様意匠デザイン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android