コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛唐人 ケトウジン

デジタル大辞泉の解説

けとう‐じん〔けタウ‐〕【毛唐人】

外国人を卑しめていう語。古くは中国人を、のちには欧米人をいった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けとうじん【毛唐人】

〔「毛深い唐人」の意という〕
外国人、特に欧米人を卑しめていう語。毛唐。 「やい-、うぬらが耳はどこに付いて何と聞く/浄瑠璃・国性爺合戦」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の毛唐人の言及

【外国人】より

…そのため16世紀以降渡来した西欧の人々は,南蛮人のほかに天竺人とも呼ばれた。 黒船来航のころ,大津絵節本はアメリカ人を〈唐人〉〈毛唐人〉〈唐のあめりか〉〈紅毛人〉などと呼び,洋服に辮髪(べんぱつ)姿の,西洋人とも中国人ともつかない怪異な人物を描いた。幕末から維新期にかけて〈外国人〉は主として西洋人を指すようになるが,それは〈他国人〉である以上に情緒を投射した〈異国人〉の系列であった。…

※「毛唐人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

毛唐人の関連キーワード国性爺合戦外国人毛唐

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android