毛挙(読み)モウキョ

デジタル大辞泉の解説

もう‐きょ【毛挙】

些細な点までとりあげること。細かい事がらまで一つ一つ数え立てること。
「其の外の勘賞(けんじょう)共―にいとまあらず」〈平家・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もうきょ【毛挙】

細かい点までいちいち数え上げること。 其外の勧賞けんじよう共-にいとまあらず/平家 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もう‐きょ【毛挙】

〘名〙
① 細かいことまで、一つ一つ数えあげること。些細な点まで指摘すること。〔漢書‐刑法志〕
② ものを書くために、筆をとること。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android