コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民衆を導く自由の女神

デジタル大辞泉プラスの解説

民衆を導く自由の女神

フランスの画家ウジューヌ・ドラクロワの絵画(1830)。原題《La liberté guidant le peuple--le 28 juillet 1830》。1830年に起こった七月革命を主題とする作品。自由の象徴である女神が、自由・平等・博愛を意味するトリコロール(青・白・赤)の旗を掲げる姿が描かれている。パリ、ルーヴル美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

民衆を導く自由の女神の関連情報