気がする(読み)きがする

精選版 日本国語大辞典「気がする」の解説

き【気】 が する

ある気持を心に感じる。心持がする。
夜行巡査(1895)〈泉鏡花〉五「明暮其なかの好いのを見て居たは、ええ、これ、何んな(キ)がしたとお前は思ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「気がする」の解説

が◦する

そのように感じられる。そのような気になる。「危ない―◦する」「食べる―◦しない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例