コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心持(ち) ココロモチ

デジタル大辞泉の解説

こころ‐もち【心持(ち)】

[名]
心の持ち方。心がけ。気だて。「心持ちのよい、素直な娘」
感じていることや思っていること。気持ち。気分。「子を持って、親の心持ちがわかった」「一杯の酒で好い心持ちになる」
[副]程度がごくわずかであるさま。ちょっと。ほんの少し。「心持ちあごを引いてください」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

心持(ち)の関連キーワード早雲寺殿廿一箇条エキゾチシズム歌舞伎十八番『野菊の墓』訳合い・訳合纏綿・纒綿気ぶっせい良移心当流箍を締める御大事にじくじく座り心地沖縄舞踊和敬清寂うっとり浩然の気ともない物恋しい心去り材夢粱録

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android