気が通る(読み)きがとおる

精選版 日本国語大辞典「気が通る」の解説

き【気】 が 通(とお)

よく物事の事情を承知していて、心がゆきとどいている。がきく。さばけている。粋である。
※仮名草子・ぬれぼとけ(1671)中「気のとをりたるとは、何としたる事なるや。気前はたらき、人のおもふ事をはやくさとり、心の内へとをり行て、見たるやうに物毎いたすをいふなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「気が通る」の解説

気(き)が通・る

さばけている。粋である。気が利く。
「―・りたる主(あるじ)とうちくつろぎて」〈浮・懐硯・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android