水字(読み)みずじ

世界大百科事典 第2版の解説

みずじ【水字】

水でといたミョウバン白紙に文字や絵を書き,かわいたのち水につけると,かいた文字や絵が現れてくる遊び。いつごろから流行したか明らかでないが,江戸時代に子どもにもてはやされた。《嬉遊笑覧》には中国の《睽車志(けいしやし)》の次の記事を紹介している。陳増というものの妻が李恒に占ってもらうと,李恒が水に白紙を沈めると,紙の上に2匹の鬼が女を捕えている図が現れた。妻はひじょうに恐れて夫にそのことを告げると,夫は翌日李恒を呼んで同じようなことをした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の水字の言及

【スイ族(水族)】より

…言語系統は,タイ諸語のうちのカム語群の系統に属し,トン語と近似する。巫師のみが占卜用に絵文字風の水字(古老文字)を用いた。 元来は古代百越の支族で,西南中国に移住したといわれる。…

※「水字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android