コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水晶文旦

デジタル大辞泉プラスの解説

水晶文旦

高知県土佐市で生産される柑橘類。実の大きさは500g程度、果皮は滑らかで、緑がかった黄色。果肉は白っぽい半透明で、水晶のように美しいことからこの名称がある。1952年頃、室戸市吉良川町の戸梶清氏が晩王柑と土佐文旦を交配して育成したものと伝えられる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

水晶文旦の関連キーワード高知県土佐市

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android