コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土佐文旦

1件 の用語解説(土佐文旦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

土佐文旦

高知県土佐市で生産される柑橘類。実は500~600g程度で、文旦としては小さめ。果皮は黄色で艶があり、香りがよい。果肉はジューシーで、爽やかな甘みと独特の苦味がある。高知農事試験場園芸部長の渡辺恒男氏が、1929年に鹿児島県から導入した「放元文旦」の苗が定着し、県下に広まったもの。1959年に「土佐文旦」に名称統一。品種は明らかではなく、「放元文旦」の名はその苗が鹿児島県の法元氏宅に植えられていたことに由来する。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土佐文旦の関連情報