コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土佐文旦

デジタル大辞泉プラスの解説

土佐文旦

高知県土佐市で生産される柑橘類。実は500~600g程度で、文旦としては小さめ。果皮は黄色で艶があり、香りがよい。果肉はジューシーで、爽やかな甘みと独特の苦味がある。高知農事試験場園芸部長の渡辺恒男氏が、1929年に鹿児島県から導入した「放元文旦」の苗が定着し、県下に広まったもの。1959年に「土佐文旦」に名称統一。品種は明らかではなく、「放元文旦」の名はその苗が鹿児島県の法元氏宅に植えられていたことに由来する。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

土佐文旦の関連キーワード高知県土佐市水晶文旦ザボン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土佐文旦の関連情報