水洟(読み)ミズバナ

精選版 日本国語大辞典の解説

みずっ‐ぱな みづっ‥【水洟】

〘名〙 水のようにうすい鼻汁。みずばな。
※洒落本・田舎芝居(1787)五「水っぱなのうすすり上る貧乏野郎に」

みず‐ばな みづ‥【水洟】

〘名〙 水のようにしたたる薄い鼻汁。みずっぱな。《季・冬》
仮名草子・仁勢物語(1639‐40頃)下「みづばなの垂るに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android