コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水澄/豉豆虫 ミズスマシ

デジタル大辞泉の解説

みず‐すまし〔みづ‐〕【水澄/豉虫】

甲虫目ミズスマシ科の昆虫。川や池の水面をくるくる回って泳ぎ、体長7ミリくらい。背はやや膨らみ、長卵形で滑らかで、黒褐色。幼虫は水生で、成虫とともに肉食。まいまいむし。うずむし。 夏》「風浪に描く輪小さき―/悌二郎」
アメンボの別名。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みずすまし【水澄】

水生の甲虫。全長1センチメートル 足らずの紡錘形で、腹面は平たい。色は黒く、金属光沢がある。背腹各一対の複眼をもち、空中・水中を同時に見られる。水面をくるくると泳ぎ回り、小昆虫を捕食する。日本・朝鮮・台湾に分布。ウズムシ。マイマイムシ。鼓豆虫。 [季] 夏。
アメンボの別名。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

水澄/豉豆虫の関連キーワード栃木県立美術館アクトリー金属光沢ウズムシ隅田川壺・壷紡錘形VAN五日甲虫複眼腹面水生

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android