コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水産博覧会 すいさんはくらんかい

1件 の用語解説(水産博覧会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すいさんはくらんかい【水産博覧会】

明治期における水産振興策の一つ。第1回水産博覧会は1883年(明治16)3月から6月に及ぶ100日間,東京上野公園内で開催された。全国からの出品総数1万4581点,天皇も行幸し,来覧者23万人という盛大なものであった。この博覧会の目的は漁業技術発展の地域差の実態を把握し,先進地域の優良技術を広く掘り起こし,それを他地域に普及させることにあった。また水産製造部門では,たんに製造技術の開発指導事業にとどまらず,水産製造物の市場開拓という面でも直接役だったであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone