コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水産博覧会 すいさんはくらんかい

世界大百科事典 第2版の解説

すいさんはくらんかい【水産博覧会】

明治期における水産振興策の一つ。第1回水産博覧会は1883年(明治16)3月から6月に及ぶ100日間,東京上野公園内で開催された。全国からの出品総数1万4581点,天皇も行幸し,来覧者23万人という盛大なものであった。この博覧会の目的は漁業技術発展の地域差の実態を把握し,先進地域の優良技術を広く掘り起こし,それを他地域に普及させることにあった。また水産製造部門では,たんに製造技術の開発指導事業にとどまらず,水産製造物の市場開拓という面でも直接役だったであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水産博覧会の関連キーワード仲野 理一郎仲家太郎吉河原田盛美寺田彦八郎仲野理一郎宮崎 栄治木嬰長次郎黒田新六郎飯島 魁高木春山

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水産博覧会の関連情報