コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水谷蟠竜 みずのやばんりゅう

1件 の用語解説(水谷蟠竜の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みずのやばんりゅう【水谷蟠竜】

1521‐96(大永1‐慶長1)
安土桃山時代の武将。勝村,治村,正村を称し,のち入道して蟠竜斎と号した。兵部大輔。常陸下館に生まれる。初め結城氏に属したが,1584年(天正12)ころから豊臣秀吉と接触し,90年常陸真壁,下野芳賀2郡4万7000石を安堵された。同時に所領を養子(実弟)勝俊に譲り隠居。常陸久下田(くけた)城1万6000石(隠居料)を領した。【細溝 典彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水谷蟠竜の関連キーワード今城為親山岡如軒酒井貞月弘尊安土桃山時代十人組大永文禄日本国尽

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone