氷の刃(読み)こおりのやいば

精選版 日本国語大辞典「氷の刃」の解説

こおり【氷】 の 刃(やいば)

のように冷たくとすました氷の剣(つるぎ)。氷の利剣
浄瑠璃・吉野都女楠(1710頃か)一「氷のやひば一文字、背骨をかけて引きまはせば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「氷の刃」の解説

こおり‐の‐やいば〔こほり‐〕【氷の刃】

氷のように研ぎ澄まされた鋭い刀やの刃。こおりのつるぎ。「抜けば玉散る氷の刃

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android