氷核活性細菌(読み)ヒョウカクカッセイサイキン

デジタル大辞泉の解説

ひょうかく‐かっせいさいきん〔‐クワツセイサイキン〕【氷核活性細菌】

水の凍結を促す物質を生成する細菌。植物の葉の表面に付着すると、霜害をもたらすことが知られる。氷核細菌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android