凍結(読み)とうけつ

精選版 日本国語大辞典「凍結」の解説

とう‐けつ【凍結】

〘名〙
① 氷がはりつめること。こおりつくこと。氷結。《季・冬》
※舎密開宗(1837‐47)外「気中にては華氏零点上三十二度を以て凍結し」
② 資金・資産などの移動や使用を一時禁止すること。また、比喩的に、物事がある状態のまま、長く変化しないこともいう。
※日本の裏街道を行く(1957)〈大宅壮一〉植民された北海道「士族とか平民とかいう観念が、ここでは長く凍結されたような形で残っていたけれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「凍結」の解説

とう‐けつ【凍結】

[名](スル)
凍りつくこと。また、凍らせること。氷結。「湖面凍結する」「受精卵を凍結する」
資産や資金などの使用・移動を一時禁じること。また、金融機関が顧客の口座について入出金等の取引をすべて停止すること。「資産を凍結する」
決められたことの実行を差し控えること。「建設計画を凍結する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android