永代供養墓(読み)エイタイクヨウボ

デジタル大辞泉の解説

えいたいくよう‐ぼ〔エイタイクヤウ‐〕【永代供養墓】

供養する子孫が絶えた際に、寺や霊園が永久的または一定期間管理し、供養を行う
[補説]合葬の形をとるものが主流で、納骨堂霊廟(れいびょう)などに納骨される形式のほか、従来型の墓で一定期間供養した後に合葬される形式などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永代供養墓の関連情報