コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永字丁銀 エイジチョウギン

デジタル大辞泉の解説

えいじ‐ちょうぎん〔‐チヤウギン〕【永字丁銀】

江戸時代の銀貨の一。宝永7年(1710)から発行。縦約10センチ、横約3センチで、「宝」の字と「永」の字の極印がある。成分は銀4に銅6の比率。宝永永字丁銀。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えいじちょうぎん【永字丁銀】

1710年に鋳造した銀貨。上の両端に「宝」の極印ごくいんと中央に「永」の添極印がある。二つ宝字銀。永宝銀。永中銀。中銀。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

永字丁銀の関連キーワード江戸時代宝永金銀永字銀両端

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android