永遠の相の下に(読み)えいえんのそうのもとに(英語表記)sub specie aeternitatis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「永遠の相の下に」の解説

永遠の相の下に
えいえんのそうのもとに
sub specie aeternitatis

オランダの哲学者スピノザの言葉。永遠ののもとに万物認識するので,神のもとにおいて認識することを意味し,の認識であるとされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android