汗付(読み)あせつく

精選版 日本国語大辞典「汗付」の解説

あせ‐つ・く【汗付】

〘自カ五(四)〙 (「あせづく」とも) 汗が出る。汗ばむ。また、衣服などが汗でしみる。
※大唐三蔵玄奘法師表啓平安初期点(850頃)「天威を触(けが)して伏して悚り汗(アセツカフ)ことを増す」
※ある心の風景(1926)〈梶井基次郎〉三「彼は汗づいた浴衣だけは脱ぎにかかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android