江戸つまみ簪(読み)えどつまみかんざし

  • 装飾・装身

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

関東地方、東京都の地域ブランド。
台東区・荒川区墨田区などで製作されている。江戸時代の初期に、江戸城大奥で古くなった着物を再利用して、遊び感覚でにしたのが始まりという。その後、桃割れ島田髷、花かんざしに愛用され、当時の江戸みやげとしても人気があった。江戸時代中期になると、・簪・楠玉などがつくられていた。基本的には、角と丸につまんでいく。製法は以来ほとんど変わらず、今日までその伝統が引き継がれている。東京都伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android