コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細工 サイク

デジタル大辞泉の解説

さい‐く【細工】

[名](スル)
手先を使って細かい器物などを作ること。また、作ったもの。「精巧な細工」「細工を施す」「竹で細工する」「寄せ木細工
細かなところに手を入れて、見た目をとりつくろったり、ごまかしたりすること。また、そのたくらみ。「帳簿に細工する」「へたに細工しないほうがいい」
細かい器具を作る職人。細工師。
「高陽親王(かやのみこ)と申す人…極めたる物の上手の―になんありける」〈今昔・二四・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さいく【細工】

ふつう手先を使って細かい小道具,調度などを作ること,あるいはその職人を指す語。《類聚三代格》809年(大同4)の〈内匠寮雑工長上,番上〉の中にみえる細工,《延喜式》内匠寮で五尺屛風を製作する工人中にあげられた細工は,木工,鋳工,鍛冶工,漆工等と区別された,細かい木製の調度を作る工人で,《宇津保物語》(吹上)で作物所に属し,沈(じん),蘇芳(すおう),紫檀から破子(わりご),折敷(おしき),机等を作った細工も同様の人々であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さいく【細工】

( 名 ) スル
手先を巧みに使ってこまかな物を作ること。また、作られた物。 「手のこんだ-を施す」 「竹-」
物事がうまく運ぶようにいろいろと準備・工夫すること。また、そのくわだて。 「事前に-する」 「あちこち-して失態を隠す」
物をうまく利用するために、こまかい装置をつけること。また、その仕掛け。 「この機械にはいろいろと-がしてある」
こまかな物を作る人。細工人。細工師。工芸家。 「極めたる物の上手の-になむありける/今昔 24

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

細工の関連キーワードエンブロイダリー皮細工・革細工レザークラフト埋め木細工剥き物包丁ジュエラー檜物細工轆轤挽き唐木細工小刀細工箱根細工素人細工石膏細工皮細工藤細工藁細工磐石糊角細工非細工下細工

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

細工の関連情報