コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京都 とうきょう

3件 の用語解説(東京都の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京都
とうきょう

面積 2187.5km2(境界未定)。人口 1315万9388(2010)。年降水量 1528.8mm。年平均気温 16.3℃。都木 イチョウ。都花 ソメイヨシノ。都鳥 ユリカモメ

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうきょう‐と〔トウキヤウ‐〕【東京都】

東京

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕東京〈都〉(とうきょう〈と〉)


日本の首都。
関東地方南部に位置し、東は千葉県、北は埼玉県、西は山梨県、南西は神奈川県に接し、南は東京湾に臨む。日本の政治・経済・文化の中心をなし、国際都市でもある。各種工業が発達し、京浜(けいひん)工業地帯を形成。人口・小売販売額・事業所数・県民所得は全国第1位だが、合計特殊出生率はもっとも低い。中心部は23の特別区で、本州南方沖に連なる伊豆(いず)諸島および小笠原(おがさわら)諸島を含む。人口1269万9271(特別区859万1695)。面積2188.67km2。人口密度5802.28人/km2。管轄市町村は23特別区および26市5町8村。都庁所在地は新宿区。都花はソメイヨシノ
歴史を見ると、古代国郡制では武蔵(むさし)国に属す。10世紀中ごろの平将門(たいらのまさかど)の乱ののち武蔵七党(しちとう)の小武士団が発生し、やがて源氏(げんじ)の郎党に組した。鎌倉時代、武蔵国は北条(ほうじょう)一族が支配し、室町時代には鎌倉公方(くぼう)や関東管領(かんれい)の上杉(うえすぎ)氏が支配、太田道灌(おおたどうかん)が江戸城を築いた。のち武蔵国南半部を支配した後北条(ごほうじょう)氏は豊臣秀吉(とよとみひでよし)に滅ぼされ、関東一円の大守として徳川家康(とくがわいえやす)が江戸に入府、近在の村々は代官支配の直轄領・旗本領となった。江戸時代を通じて、その市域は拡大し、人口100万人を超す世界有数の大都市となった。明治維新により江戸幕府は崩壊、旧江戸市中を管轄する東京府が成立し、1871年(明治4)7月の廃藩置県により成立した品川(しながわ)県・小菅(こすげ)県を同年11月に東京府に統合、1878年には伊豆諸島、1880年に小笠原諸島をそれぞれ編入、1893年に神奈川県から多摩(たま)3郡を移管。1943年(昭和18)に府制から都制となった。
地勢を見ると、関東山地の主部をなす奥秩父(おくちちぶ)連峰に源を発した多摩川が青梅(おうめ)市付近で武蔵野台地に出、台地の南縁を南東流し東京湾に注ぐ。関東ロームにおおわれた武蔵野台地は東に傾斜し、東端は隅田(すみだ)川西岸の東京低地に達する。武蔵野台地北部の埼玉県境には、狭山(さやま)丘陵が、多摩川の南岸沿いには、多摩丘陵が延びる。武蔵野台地の東端部の山手(やまのて)台地は中小河川に浸食され北から成増(なります)台・豊島(としま)台・本郷(ほんごう)台・淀橋(よどばし)台・目黒(めぐろ)台・荏原(えばら)台などに細分される。武蔵野台地と下総(しもうさ)台地の間には隅田川・荒(あら)川・中(なか)川・江戸川などが南流し、東京低地を形成する。東京湾岸には埋立地が沖に延びる。相模灘(さがみなだ)沖の大島から鳥島まで約540kmにわたって点在する伊豆諸島は比較的新しい時代に形成された火山島群で、大島の三原(みはら)山や三宅(みやけ)島の雄()山などは現在も火山活動が活発。小笠原諸島は小笠原群島・西之島・西之島新島・硫黄(いおう)列島・沖ノ鳥(おきのとり)島・南鳥(みなみとり)島などからなる。気候は、本土部と伊豆諸島の北部は太平洋岸気候区の関東型・南海型を示している。伊豆諸島の中部以南と小笠原諸島亜熱帯気候に属す。
産業は、明治期以降の中央集権化により産業経済の面で東京の占める比重は増大し、第二次世界大戦後は「一極集中」の弊害が指摘されるほどになった。総生産額では全国の18%近くを占め、第三次産業の就業者割合は77.4%でもっとも高く、その発展は著しい。逆に第一次産業は0.4%でもっとも低い。官公庁や民間企業の中枢部門が集中し、とくに金融・卸売小売業・運輸・情報通信などの各分野で集中度が高い。工業製品出荷額は全国第10位に位置する。食品・電機・機械・輸送用機器などの分野では比較的上位にあるが、鉄鋼・石油などの装置型産業の比率は高くない。かつて東京湾岸や隅田川沿いに立地していた大工場群が、各種規制や都市再開発により移転したためである。23特別区・多摩地区とも農地の宅地化が急速に進展したが、コマツナホウレンソウなどの葉菜類やウドなどの栽培が続けられ、東京市場では高いシェアをもつ。島嶼(とうしょ)部ではキヌサヤエンドウなどの栽培が盛ん。ほかに多摩地区・島嶼部とも花卉(かき)・植木栽培や畜産など、地域ごとに特色ある営農が行われる。森林面積は全体の約36%を占めるが、西多摩地区の林業は構造不況に悩む。水産業は、島嶼部ではなお重要な地位を占め、キンメダイ・アジ・サバ・カツオ・トビウオ漁やテングサ採取などが行われる。東京湾内でも漁業が続けられるほか、遊漁船業が盛ん。
観光では、2008年(平成20)に東京都を訪れた外国人旅行者は約534万人で過去最高を記録し、近年は観光産業振興が図られている。都心部・近郊には近世以来の史跡・名所旧跡が各地に点在し、文化・観光施設、公園などが数多くある。西多摩地区の山間部は秩父多摩甲斐国立公園、その南の高尾(たかお)山一帯は明治の森高尾国定公園に指定され、首都圏の行楽地としてにぎわう。伊豆諸島は富士箱根(はこね)伊豆国立公園、小笠原諸島の大部分は小笠原国立公園に属し、貴重な自然の探勝対象となる。小笠原は2011年に世界遺産(自然遺産)に登録された。国の重要無形民俗文化財に指定されている民俗芸能・風俗習慣として、板橋の田遊び(板橋区)、小河内の鹿島踊(奥多摩町)、下平井の鳳凰の舞(日の出町)、神津島(こうづしま)のかつお釣り行事(神津島)、新島(にいじま)の大踊(新島)、江戸の里神楽がある。また、江戸三大祭りといわれる浅草神社の三社祭(さんじゃまつり)、日枝(ひえ)神社の山王祭(さんのうまつり)、神田明神の神田祭や隅田川花火大会をはじめ、各種イベントが各地で開催され、海外からも多くの観光客を集める。
青ヶ島村
昭島市
あきる野市
足立区
荒川区
板橋区
稲城市
江戸川区
青梅市
大島町
大田区
小笠原村
葛飾区
北区
清瀬市
国立市
神津島村
江東区
小金井市
国分寺市
小平市
狛江市
品川区
渋谷区
新宿区
杉並区
墨田区
世田谷区
台東区
立川市
多摩市
中央区
調布市
千代田区
豊島区
利島村
中野区
新島村
西多摩郡
西東京市
練馬区
八王子市
八丈町
羽村市
東久留米市
東村山市
東大和市
日野市
府中市
福生市
文京区
町田市
御蔵島村
三鷹市
港区
三宅村
武蔵野市
武蔵村山市
目黒区

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東京都の関連キーワード安政江戸地震マアーンヤムスクロ皂莢虫ムカッラウフル公園チブリモスク北関東首都直下型地震南関東

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東京都の関連情報